起業したいけどどうすればいいの?とお悩みの方へ
横浜・青葉区で1000人以上の
起業家をサポート!

「起業支援センター」代表が
あなたに必要なことを解説!

✅ 起業したいけど何から始めたらいいのかわからない
✅ 起業塾の広告もたくさん見かけるけど高額で怪しい
ひとりではできない気がする  

・・・そんなあなた、必見です!
公式LINE登録はこちら
\今なら「地域ビジネス起業事例」も公開中!/
※不要になったら、いつでもブロックOKです!
LINE登録特典
特典1
「コロナ禍でも売上UP」
「営業ナシで集客」等
地域ビジネス成功事例が
無料で見られる!
特典2
会員でなくても参加できる!
起業に役立つセミナー交流イベントをお知らせ
特典3
延べ1000人以上をサポートしてきた代表・坂佐井による無料相談もご案内
「起業して事業を軌道にのせるには?」
方法をお伝えします。

はじめまして。NPO法人協同労働協会OICHI(オイチ)の理事長をしております、坂佐井と申します。

私が運営している起業支援センター「まちなかbizあおば」は、開業より登録会員が500社突破。現在は青葉区のほか緑区や都筑区に姉妹店を展開しております。

地域誌(タウンニュース様)でも掲載していただきました。

このページでは、ジモトのビジネスに寄り添って7年、1000人以上の起業家と接してきた私の経験を元に
「起業して事業を軌道にのせるには何をしたらよいのか?」
についてお伝えします。

さて、あなたは今、どの段階でしょうか?

これから、3つの段階別にご説明します。
きっとあなたの次の行動へのヒントが得られますので、ぜひ目を通してみてください。

「何をしたらいいの?」具体的にお伝えします
1.商品サービスがない/決まっていない場合
自分の棚卸し(自己分析)
・起業したい業界や競合のリサーチ
が必要です。

自分がやりたい / できることで、世の中で満たされていないニーズに応える商品サービスを考えましょう。

自己分析・リサーチをする

自己分析や競合リサーチなど、やり方はネットでたくさん見つかるでしょう。
仮説さえ立てることができれば何を参考にしても良いです。

結局はやってみないと始まりません。
自己分析、競合リサーチ、どちらからでも大丈夫!あなたができることから始めましょう。

全く目新しい商品サービスを創る必要はない

地域ビジネスにおいて1つ現実的なアドバイスをすると、世の中に無い全く新しい商品サービスを創り出す必要はありません
むしろ、世の中で全く売られてないものは集客や販売で苦戦します。理解してもらえないからですね
よほどの困りごとを解消できるものでなければ、購入どころか興味を持ってもらうことも難しいです。会員さんでも、聞いたことがないビジネスで起業して生計を立てている方はかなり少ないです。

まず世の中にあるビジネスから始めてみましょう。

「自分を売ること」が苦手なら物販ビジネスがおすすめ

もし、「自分を売ること」や、PR・営業が苦手な場合は、物販ビジネスもご検討ください。

なぜなら、形の無いサービスは、あなた自身が商品の一部となり、自分で自分を営業しないといけないからです。
その点、形のある商品を売る場合は、自分ではなく商品をPRするわけですから、控えめな性格の方でもやりやすいです。

物販以外では、誰かの事業そのものを手伝うやり方法もあります
マーケティングを手伝って欲しい、事務をして欲しいなど、色々な形でビジネスパートナーを求めている事業者も多いのです。

自分を売り込むのが苦手な方は、物販や誰かのお手伝いから始めてみましょう。

まちbiz公式LINEでは、月に5回以上開催されているセミナー・交流会をご案内しています。
会員でなくても参加できるイベントもあります。
人脈づくり・学びに役立ちます

公式LINE登録はこちら
\今なら「地域ビジネス起業事例」も公開中!/
※不要になったら、いつでもブロックOKです!
2.商品サービスは決まっている、これから集客・販売な場合
・モニター募集、「お客様の声
販売促進ツール(チラシやホームページ)
が必要です。

要はマーケティングと販促ですね!

モニターを募集して、フィードバックと「お客様の声」をもらう

無名の個人がお金を払っていただくには、わかりやすい購入メリットとその信憑性が必要です。

まず、ご自身でいくら良さを説明してもなかなか信じてもらえません。
さらに提供側の視点やプロ目線になってしまい、お客様の求めるものとズレた表現になりがちです。
専門家であればあるほど専門用語や文字量が多くなり、お客様にとってはわかりづらい説明になる傾向があります

なので、実際に購入いただいたお客様の言葉で良さを伝えることが大切なのです。

販売促進ツール(チラシや簡単なホームページ)を作る

チラシやホームページを作りましょう。

最初は「ペライチ」や「CANVA」などの無料サービスを活用して自分で販促物を作りましょう
最初から業者に頼まないのがポイントです。なぜなら起業初期と中期で内容が変わっていくからです。改善を重ねつつ、実績が増えてきた段階でプロのデザイナーさんに頼むことがオススメです。

販促ツールがあれば営業もやりやすくなります。

まちbizには お客様の声を作るためにモニターを募集できる環境や、特設紹介ページを制作するサービスがあります
詳しくは、まちbiz公式LINEをチェック!

公式LINE登録はこちら
\今なら「地域ビジネス起業事例」も公開中!/
※不要になったら、いつでもブロックOKです!
3.売上がイマイチという場合
商品サービスを見直す
・今の集客販売ルートを改善/強化する
・別の集客販売の入り口を考えて作る
をやってみましょう!

売上UPの対策はここでは語りきれないくらい色々ありますが、
その中でも初歩的な方法をご紹介します

商品サービスを見直す

「集客が課題」の場合は、狙っている客層に求められていない、もしくは競合に劣っているケースが多々あります。

できるだけターゲットに近い属性の第三者に、商品サービスのフィードバックをもらいましょう。きっと、何か売れない理由があるはずです。
ストレートに「何をどう変えたら買いたいと思いますか?」と聞いてもよいでしょう。

お客様の声を真摯に聞きましょう。見直しのヒントはその中にあります。

今の集客販売ルートを改善/強化する

商品サービスが十分魅力があって売れていない場合は、単純にアプローチの数が足りていないことも考えられます。

同じ業界で理想の売上を実現していそうな人をリサーチすると良いでしょう
例えば…

・SNSで見込み客を増やす努力をしている、毎日のように投稿している
・毎日メールマガジンを発行している
・毎日アポをとって説明に足を運んでいる(対面必須のビジネスの場合)
・有料の広告宣伝をしている(特にインターネット)
・Googleなどで検索するとブログやホームページが上位に表示されている
・お客様を紹介してもらえるルートが確立されている

など、見込み客にアプローチできている数や質が違う何かがあるはずです。

売れている人を参考にしましょうあなたの集客販売ルートの強化や改善が期待できます。

別の集客・販売の入り口を考えて作る

SNSは頑張って投稿しているけど、見込み客に届いていない…
そんな状態ではありませんか?
あなたが頑張っているSNSに、お客様は居ますか?

同業社が力を入れているPR方法・マーケットを研究しましょう
そして、あなたがやってない部分があれば取り入れてみましょう。

GoogleやYahoo!で検索しているユーザーの方が明確な見込み客である場合も多いですし、
マルシェやイベントなどのリアルな場の方が、効果的にアプローチできるかもしれません。
頑張るべきはSNSではないかもしれませんよ。

あなたの商品サービスをほしいと思う人はどこにいて何をしているのか?
今一度、真剣に考えなおしてみましょう。

まちbiz会員は500社以上!会員ネットワークでお客様の声を集めたり、専門家との提携もできます。
交流会も盛んです!

公式LINE登録はこちら
\今なら「地域ビジネス起業事例」も公開中!/
※不要になったら、いつでもブロックOKです!
で、結局どうしたらいいの?
  • やるべきことは分かったけれど…
  • 自分一人でできるかな?
  • モチベーション続くかな?
ご安心ください!

あなたが続けられる環境があります。

「まちなかbizあおば」は会員数500以上、交流会では数十名が集まるビッグコミュニティ。
セミナーや相談会も定期的に開催、専門家による支援サービスも充実。

あなたの起業を促進する環境があります。

青葉区の個人事業者に選ばれています!

「まちなかbizあおば」はジモトのビジネスに寄り添って7年。
青葉区の個人事業者に選ばれています!

会員の皆様と

  • 会員数
    500社

  • 青葉区で
    7年の実績

  • NPOが
    商店街で運営

起業に悩んでいる方の力になりたい
その志のもと私たちは活動しております。
まちbizに関わることで良い方向に進んだ、継続できた!

という会員様も少なくありません。

公式LINEでは、起業に役立つ情報を配信!

1.登録特典「地域ビジネス起業事例」

「活動1年で事業が軌道にのり、CM出演依頼まで届いた」
「コロナ禍で競合が営業中止になる中、逆に売上UP」 など
まちなかbizあおばだけのマル秘情報が見られます!

2.イベント、交流会、セミナー情報配信

月5回以上開催されているイベントや起業セミナー情報を配信します。
(会員以外もご参加いただけます。)

3.代表、坂佐井による無料相談

ご希望者には、坂佐井があなたの起業状況やお悩みをお聞きし、
アドバイスさせていただく「無料相談」をご案内いたします。

起業するならまちなかbizあおば!

\あなたのご参加をお待ちしております/

まずはLINEお友だち登録から始めてみませんか?
公式LINE登録はこちら
\今なら「地域ビジネス起業事例」も公開中!/
※不要になったら、いつでもブロックOKです!
代表プロフィール
NPO法人協同労働協会OICHI(オイチ)理事・まちなかbizあおば代表
坂佐井 雅一
MASAKAZU SAKASAI

1971年2月1日生/横浜市出身/高卒/資格は普通免許のみ/妻と子どもの4人家族

25年のサラリーマン生活を経て起業。現在、横浜市青葉区で540社が在籍するビジネスコミュニティ「起業支援センターまちなか biz あおば」を運営。
(姉妹店「まちなかbizみどり」「まちなかbizあおばつづき」)

地元で起業する「職住近接」で人生100年時代を自分らしく働く生き方を推奨し、ジモト起業家を応援。

起業家交流会の実施、相談、セミナー登壇などを行なっており、穏やかな人柄に会員からの信頼も厚い。

書籍:もう満員電車に乗らない「地域密着型」起業のすすめ

まちなかbizあおばオフィス(たまプラーザ駅徒歩5分)
特典が見られるLINE登録はこちら
公式LINE登録はこちら
\今なら「地域ビジネス起業事例」も公開中!/
※不要になったら、いつでもブロックOKです!